膣トレーニングの方法|年を取ったら穿きましょう|失禁ショーツで失禁被害を抑制

年を取ったら穿きましょう|失禁ショーツで失禁被害を抑制

婦人

膣トレーニングの方法

考えるレディ

失禁の主な原因は膣の緩みです。膣の緩みで失禁する腹圧性尿失禁は女性に4割が発症する問題であり、加齢もしくは出産直後に発症します。これは腹圧が高くなった時に緩んだ膣から尿が漏れてしまうというものであり、膣の緩みを改善すれば失禁の症状を改善できます。膣の緩みを改善するには膣トレーニングと呼ばれる運動を行い筋肉を鍛えなおしていくことになりますが、緩みを改善するのには少々時間がかかります。そのため、改善されるまでは失禁ショーツを穿き、尿漏れを防ぎましょう。
膣トレーニングの方法ですが、まず肛門に力を込め、引き締めます。この状態を5秒続け、ゆっくりと力を抜きます。そしてまた力を込めてといったことを繰り返していきます。これを一日40~50回行えば膣の緩みは徐々に改善していきます。最初のうちは慣れないため時間がかかるかもしれませんが、習慣化していくうちに自然に行う癖がつくので、何かをしながら膣トレーニングを行うことができるようになります。なお、朝昼晩の三回行うのが理想的です。
前述したように、膣トレーニングで改善は可能ですが改善するのには少々時間がかかるため、改善されるまでは失禁ショーツを穿きましょう。失禁ショーツを穿いておけば膣トレーニング中のみならず、重いものを持った時など失禁しやすい状態になっても尿漏れを起こすことはありません。また、失禁ショーツは一見普通の下着なのでおむつの見た目に抵抗感がある人でもすんなりと使用しやすいです。